DIVE INTO MUSIC.オーディション2017で合格したローファイビーチポップバンド「Jan flu」のライブ映像が公開!

ディスクユニオン主催のオーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2017〉で合格したブルックリンインディ~サーフポップ直系のトロピカルな超新星ローファイバンド「Jan flu」が2曲のライブ映像を公開!

東京を拠点に活動するローファイビーチポップバンド「Jan flu」のライブ映像が10/25(水)17:00に公開された。
Jan flu

「Jan flu」は2016年に結成された4人組バンドで、Beach FossilsやVampire Weekendなど、10年代前半のロックバンドの本流ともいえる、逃避的でトロピカルなローファイインディサウンドを鳴らすLo-fuビーチポッププロジェクト。

ニューヨークのインディミュージックメディア「CEREAL AND SOUNDS」でDIIVやBeach Fossils、WidowspeakなどCaptured Tracks周辺のバンドを引き合いに出されて称賛されたことに端を発するように、その音楽性、同時代性の高さから結成直後より国内外で注目を浴びている彼ら。

今年はFor Tracy Hyde、17歳とベルリンの壁、cattle、SUPER SHANGHAI BAND、Tokyotendor、No Buses、ROKI、OliverやLuby Sparks、Cairophenomenonsらインディヒーローらとの共演を経てさらにスケールを強大かつ堅牢なものへとアップデート。さらにディス クユニオン主催のオーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2017〉で合格と、来年に噂されている初フィジカル音源リリースに向けて、ジャンプアップの準備を進めている模様だ。

その世界中のインディキッズ待望の音源に先駆けた今回のライブ映像は、去る10/14(土)に行われた下北沢mona records presents「After a dreaM 3 special」での熱狂を4台のカメラでそのまま撮影したもの。これから世界規模の戦いを仕掛ける彼らのライブパフォーマンスが、鮮度を保ちながらパッケージングされた、荒削りながら迫力ある映像は必見だ。

<Biography>                                                    
2016年8月結成。海では絶対に泳がない4人組による、Lo-fiビーチポッププロジェクト。結成当初に公開したデモ音源が 国外ブログメディアに取り上げられ、国内外で話題となる。
2017年3月にはJan flu×SMELLS合同自主企画”AFTER IMAGE”を結成半年で成功させ、同年10月にディスクユニオン主催のオーディション”DIVE INTO MUSIC.オーディション2017”で合格。翌年、CD/レコード/デジタルでのリリースが決定している。
洋楽インディ/ニューウェイヴ/ポストパンクを踏襲したビート、残像が浮遊するテープサウンド、ダウナー感漂う何語でもない ボーカル。まさに新時代を担う「文化系サーフ」の真骨頂。

<Web>                                                        
Jan flu 【Twitter / Soundcloud

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です